低血糖症通院レポ①〜はじめての通院編〜

管理人は低血糖症治療歴かれこれ5年になります。現在は通院はしてなくて、食事療法と市販のサプリメントで治療中。低血糖症治療で有名な「新宿溝口クリニック」に通ってた時期もありました。

低血糖症に気づいたきっかけ

10年ぐらい前から、おなかが空くと手が震えたり眠くなったりフラフラしたり…ちょっとおかしいなぁとは感じてました。

本格的に気になりだしたのは、調理師学校に通っていた時。私は西洋料理課程で、製菓課程との交換実習がありまして。製菓の子たちはケーキを作ってサーブする。私達は好きなケーキを選んでケーキビュッフェのごとくひたすら食べる。とゆーそれはそれは夢の様な実習でした(*´∀`*)(もちろん逆バージョンもやったよw

で、たらふくケーキを食べた後の帰り道。めっちゃフラフラする。身体に力が入らない。あんなに食べてお腹はいっぱいのはずなのになぜ…( ̄□ ̄;)倒れそうになりながらなんとか家についてしばらく意識なく眠ってました…zzZ

今思えば砂糖摂り過ぎによる血糖値急上昇→急降下 の典型的低血糖症の症状が出てたのよね。

その後も炭水化物やら甘いものを食べた後に同じような症状が続き、ネットでいろいろ検索した結果「低血糖症」という病気に辿り着いたのです。

自己流治療の末・・・

それらしき病名は分かったけど、通院&検査はめっちゃお金がかかるらしい ということも分かり。しばらくはネット情報を寄せ集めた自己流食事療法で対処してました。主食は玄米、甘いものは控える、ビタミン等のサプリ飲む、ってゆー基本のやつ(・∀・)

1年ぐらい続けてひどい症状は落ち着いたものの、炭水化物食べるとやっぱりフラフラ〜っていうのは治らない。これは根治することはないんだろうか。。そろそろ一度ちゃんと病院に行ってみよう!ってことで意を決して溝口さんへ行ってみたのでした。

溝口クリニックへ!

病院行くと、溝口先生が診察してくれました。この頃は先生の著書も読んでたので「ホンモノの先生やー!」とちょっと感動した記憶がw

症状と今までの自己流治療を話したら「よくこの病気だって分かったねー、食事療法も正しいしえらいねー」と褒められ、(笑)ここまではっきり症状があるなら身体に負担のかかる「5時間糖負荷検査」は無理にしなくて良い、血液の検査だけしましょう。ということに。

で、血を抜かれ(結果は後日)帰りにもらった資料がこちら。

kaizen-1 kaizen-8 kaizen-26 kaizen-27

30ページぐらいあるので一部を抜粋。

食事についての基本的な知識と、おすすめ食材などなど書いてあります。低血糖症の基礎知識はここからだいたい得られる。

初回通院費用

  • 初診料+採血料 約2000円
  • (血液の)解析レポート料 8400円
  • (5時間糖負荷検査 14900円)

これから病院に行ってみよう、という人のためにおおまかな費用を書いておきます。5時間糖負荷検査は予約制なので初回にすることはないと思いますが。

最初はだいたい1万円程度で収まりますね。

低血糖症通院レポ②〜検査結果を聞きに行く〜」に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です